肌へのダメージを考えて選びたいクレンジング料では
実際にどう選べば良いのでしょうか?
ひとつはクリームジェルなどの形状を参考に入れること。
クレンジング料の多くはメイクアップ料になじみやすくするための油分と
油分を乳化する界面活性剤でできています。
その割合によって形状も変わるため形状から
界面活性剤による刺激や洗浄力がある程度分かるのです。
たくさんの方はクレンジング料を価格や手軽さで選びがち。
でもクレンジング料は選び方を間違うと肌に負担をかけやすいもの。
なので自分の肌に合うものを選びましょう!